Personal Property

増えることで

最近では福岡県の人工がどんどん増えており、住宅が少なくなっています。また単身で暮らす女性も多いので古い住宅に住んでいる場合はリノベーションを行い部屋をキレイにしましょう。

詳細へ

契約する

名古屋で任意売却などを行なうときには、不動産業者を利用する必要があります。また任意売却のときには住宅ローンなどにも大きな影響が出るので把握しておくことが大切です。

詳細へ

注目したい利点

住宅ローンの支払いが出来なくなった・新しい住宅に引っ越す資金がほしいこのような理由で任意売却を検討する人が多いです。利点も多くあり、知識を身に付ければ生かすことが出来るのです。

詳細へ

どんな場面で

さまざまな層の需要が見込める賃貸借契約のかたち

不動産賃貸市場ではシェアハウスや高齢者向け住宅に加え、DIY型賃貸借契約の活用にむけた動きが活発化しています。家を借りる側にとっては賃貸でありながら、自分好みの設備設置や模様替えをできるので、居住の快適性の確保につながります。 日本の住宅不動産は数を増やすことに目が向けられてきましたが、今後は持ち家であろうと賃貸であろうと既存の住まいの性能を高め、快適な空間を生み出すことを重視する傾向にあり、まさに変革の時なのです。そのような中で空き家の有効活用についても考慮されており、この、DIY型賃貸借契約というのは、不動産オーナーからしても、長期契約が得やすいので既存ストックの有効活用に踏み切りやすくなっています。 この新たな契約形態をもっと一般的に活用するためのさまざまな取り組みは国をはじめ、さまざまなところで始まっており、資金調達や改修実施のためのスキームの提案などがおこなわれているので、単身者だけでなくDINKS層やファミリ層としても検討材料となる選択肢となっていくことが予想されているのです。

本当に理想の部屋に改修可能な物件かを確認

DIY型賃貸借契約の場合、もっとも単純なものとしてはオーナーと借主側が直接、定期借家契約を結ぶパターンです。一般の個人が借主の立場で改修工事を発注します。そのため、改修費はすべて借主側の負担となるので、オーナーへの家賃支払いは、近隣の同等の賃貸不動産の相場よりも安くなるのです。 しかし、この際に気を付けたいのは、新しい契約形態ですので、オーナー側がきちんと契約内容について理解できているかということです。また、構造上問題があった場合などは、スムーズに契約が進むとはいえませんので、事前の調査などもきちんと行っておくことが大事ですし、改修コストの支払いについても検討が必要になります。 そういう点では、サブリースで定期借家契約を結ぶ方式のほうがよく、改修コストをおさえたいのであれば、入居者の意向が反映されるのはどの契約でも同じですが、オーナー、入居者、事業者の3者で改修費用を出し合うパターンもあります。改修工事にオーナーや入居者が参加して、施工業者の指示に従いながら作業すればコストを抑えることができますし、この場合も家賃は相場よりも安く借りることができるのです。