増えることで

人口が増え続けている福岡市

福岡市は近年人口右肩上がりに増えて続けています。 そして特徴的な事があり、男性よりも女性の人口が多いことです。 単身女性の人口も多く、女性専用の賃貸不動産やセキュリティレベルが高い賃貸不動産も多くなっています。 賃貸物件は30年以上前に竣工された物件から最近建設中の物件もあり、賃貸物件もバリエーションも増えています。 30年以上前に竣工された物件は、リノベーション化に踏み切ることも今では珍しくなく、入居促進のための施策として踏み切ることが当たり前になってます。 また、若い世代を中心にオシャレに敏感なところが福岡市の特徴でもありますので、リノベーションされた物件に絞って物件探しをする人もいるほどです。 単身者向けの賃貸不動産が今でも建築中なのが福岡市の現状です。

増え続ける単身者向け賃貸不動産

若い世代は進学を機に福岡市に転入し、卒業しても福岡市内で就職するという人もいるため、人口流出が極めて少なく感じられます。 そのため、単身者向けの賃貸不動産の建築が継続して行われています。 老朽化した物件もあれば、新築物件も竣工しますので、バリエーションが幅広い賃貸物件を探す楽しみがあります。 学生だけでなく、単身社会人向けの賃貸物件が多く、入居促進のカギは様々です。 リノベーションして新築同様ながらも家賃が手ごろ感があったり、ピカピカの新築物件に住みたいとか、セキュリティ重視の物件などなど、差別化を図ることで入居希望者のニーズの掘り起こしが重要視されています。 生活する上でコンパクトな地形や土地柄でもありますので、住みやすさの満足度は非常に高いです。