契約する

一般媒介契約と専任媒介契約

不動産の売買をする場合、不動産業者との契約には一般媒介契約と専任媒介契約があります。一般媒介であれば複数の不動産業者と契約することができます。たくさんの不動産業者と契約すれば、どこかで売却できそうな気がするかもしれません。 対して、専任媒介契約は1社だけと契約します。他の業者が勝手に売買できないので、何となく1社に絞るのは不安に思うかもしれません。 しかし住宅ローンの滞納が原因で、自宅が競売にかけられるかもしれないという危機に瀕しているなら、専任媒介契約をして自宅を売却すべきです。 競売より有利に自宅を売却する方法に任意売却がありますが、任意売却するなら専任媒介契約が必要です。 抵当権のついたままの物件を、残債をのこしたままで抵当権を解除してもらうには借入れ先との交渉が必要です。借入れ先の同意を得て売却することが、任意売却なのです。

普通の不動産業者は、あなたのその後の生活のことまで考えません

任意売却の任意とは、借入れ先の同意を得ての売却と言うことになります。ですから1社に絞って交渉してもらう必要がでるのです。 でも、一般の不動産業者と専任媒介契約をしたところで、任意売却の交渉をしてくれることはないでしょう。あくまで不動産の売買が本業です。任意売却のための専任媒介契約なら、任意売却専門業者に依頼してください。不動産の売却はもちろんですが、借入れ先との交渉においてもプロです。 売却後もどうしても自宅に住みたい、と言った要望にも相談に乗ってくれます。親子売買や、業者が一旦買い取って賃貸として住み続けるなど、まさに任意売却専門業者ならではのノウハウと実績があります。 相談は無料ですし、任意売却の費用も売却代金からさしひかれますので、初期費用はゼロ円です。